まな板は食洗機で洗う?素材別の正しいお手入れ方法と除菌効果を紹介!

キッチン

面倒な洗い物を楽にしてくれる、食洗機は便利ですよね。

手荒れも気にせず、節水にもなる食洗機は、一度使うと手放せなくなります。

毎日使っている、まな板も食洗機で洗えたら便利だけど…

まな板を食洗機で洗っても良いのか、と考えていませんか?

木製やプラスチック製など、素材によって洗う方法を変える必要があるか?

どんな素材でも、食洗機を使って大丈夫なの?と悩むことはないでしょうか。

まな板を食洗器で洗う方法があれば、知りたいですよね。

実は、まな板を毎日使っていると、不衛生ふえいせいになりがちです。

まな板は、使用頻度(しようひんど)の高いものなので、清潔(せいけつ)に保ち、長く使いたいですよね。

今回は、まな板を食洗機で洗う正しい方法と、除菌についてもご紹介します。

まな板を食洗機で洗う方法

食洗機対応のまな板であれば、食器と一緒に洗うことができます。

まな板の両面の汚れを、軽く水洗いしてから、食洗機に入れて洗うだけです。

あとは、食洗機用の洗剤を入れ、いつもと同じ運転コースを選びます。

しかし、まな板の種類によっては、熱に耐えられなくなり、変形してしまう可能性があります。

めんどくさがり屋の私は、大丈夫だろうと思い、食洗機に対応していないまな板を食洗機に入れました。

想像通り変形してしまい、家族にも怒られて、後悔したことがあります。

まずは、今使ってるまな板が食洗機対応のものなのか、確認してみましょう。

食洗機を使って洗うと、面倒な手洗いをしないで済むので嬉しいですよね。

まな板を食洗機で洗うと曲がる?

まな板を食洗機で洗うと、曲がるのではないか…と不安に思いませんか?

結論、食洗機対応のまな板の場合、曲がる可能性は低いでしょう。

もちろん、食洗機に対応していない場合は、食洗機で洗うことが曲がる原因になりますよね。

ここでは、特にプラスチック製のまな板が、曲がる主な原因の説明と直す方法をご紹介していきます。

まな板が曲がる原因

まな板といえば、白いプラスチック製のものが頭に浮かびませんか?

私が子どもの頃、母は、白いプラスチック製のまな板を使っていました。

母が料理している印象が強いせいか、まな板といえば、白いプラスチック製のものを想像してしまいます。

市販されている、プラスチック製のまな板の多くは、樹脂(じゅし)で作られているようです。

樹脂(じゅし)は、熱を加えることによって柔らかく、冷えることで固くなる特徴があります。

そのため、食洗機の温水に耐えらず、まな板が曲がるというケースが出てくるのです。

食洗機のお湯の温度は、60℃~80℃の設定が一般的だと言われています。

耐熱温度が80℃以下のまな板は、食洗機の中で、柔らかくなる可能性があるでしょう。

食洗機のラックに立てかけた状態で洗うと、柔らかくなったまな板は、重さもあり、少しずつ曲がるのです。

そのまま、冷えて固まってしまうことで、まな板が変形してしまいます。

ただ、短時間の加熱であれば、まな板が曲がる心配は、ほとんどありません。

まな板全体にお湯をかけて、殺菌(じょきん)をする程度では、柔らかく変形することはないでしょう。

まな板が曲がったときの直し方

曲がったままのまな板を使っていたり、曲がったまな板を放置していませんか?

曲がったまな板を使用していると、食材をカットするときに、包丁がずれてケガにも繋(つな)がります。

曲がったまな板が、プラスチック製の場合、直せる可能性があるのです。

ここでは、ご家庭でできる、プラスチック製のまな板の直し方をご紹介します。

まずは、まな板全体を温めるために、熱湯に浸(つ)けましょう。

まな板が温まったら、平らな場所に置き、荷重をかけます。

このとき、やけどをしないように十分に注意しましょう。

まな板を熱湯(ねっとう)で温め、荷重(かじゅう)をかけたら、常温になるまで放置して、作業は完了です。

熱でまな板を柔らかくして、平らに戻して、固めるということですね。

そのため、まな板の耐熱温度が100℃を超えると、家庭では直すことができません。

まな板の種類によっては、直らない場合もありますが、試してみる価値はあると思います。

まな板を食洗機で洗う場合、どんな素材でもOK?

まな板を選ぶとき、木製かプラスチック製か、悩んでしまいますよね。

料理が趣味だから、木のまな板が好みだけど、手入れが面倒なんだよね…

食洗機で洗っても変形しない、プラスチックのまな板はあるのかしら

仕事と家事で忙しいので、食洗機で簡単に洗えるまな板が欲しいわ

最近では、木製、プラスチック製ともに、食洗機対応のものが増えているようです。

食洗機対応のものを探していても、優柔不断の私は、なかなか決めることができませんでした。

私のように、長い時間を掛けても、なかなか決められないときはありませんか?

どの素材のまな板にするか悩んでいる方が、比較しやすいように、木製とプラスチック製の特徴をまとめました。

ここからは、木製とプラスチック製のまな板の特徴について、ご紹介していきます。

木製のまな板の特徴

木製のまな板は、手にも馴染みやすく、包丁への負担も少ないです。

あなたは、長く愛用している、木のまな板を持っていませんか?

暖かみのある木の素材は、おしゃれなキッチンに置いていても、自然に馴染むのが嬉しいですよね。

柔らかい木のまな板は、包丁に優しく、手が疲れにくいことから、料理好きの方に人気があるようです。

ただ、プラスチックのまな板と比較すると、カビが生えやすいなどデメリットもあります。

ここでは、木製のまな板の特徴を、簡単にまとめてみました。

  • 木製のまな板の柔らかさは、包丁への負担が少ない
  • 包丁の傷が目立ちにくい
  • 曲がりにくい
  • 木の香りがする
  • カビが生えやすいので、きちんとした手入れが必要

木製のまな板を手で洗う方法

木製のまな板の洗い方の基本は、タワシで洗うことです。

食器洗い用のスポンジで洗うよりも、タワシでゴシゴシ洗い方が汚れを取ってくれます。

木の素材は、薬品に弱いので、決して、漂白剤を使わないようにしてください。

漂白剤を使用してしまうと、黒ずみや変色の可能性があります。

木製のまな板を洗う方法を、簡単に説明するので、参考にしてみてください。

手入れ方法
  1. 目に見える汚れを、水で洗い流す(汚れが落ちにくくなるので、お湯は使わない)
  2. タワシとまな板を水で流しながら、木の溝や傷に入り込んだ汚れをかき出す(丁寧にゴシゴシ洗う)
  3. あら塩や重曹をまな板にまぶし、タワシでこする(簡単な除菌にもなる)
  4. 熱湯をかけて、消毒をする
  5. ふきんで水分をしっかりと拭き取り、風通しの良い場所で乾燥させる

肉や魚以外の、野菜や果物だけに使った場合は、水洗いだけでも問題ありません。

また、乾燥させるときは、直射日光に当てないように気を付けましょう。

直射日光に当てると、まな板が曲がってしまったり、割れたりする原因になってしまいます。

毎回のお手入れは、少し面倒だと感じたかもしれません。

しかし、木製のまな板は正しく手入れをすることで、何年も使うことができます。

定期的に買い替えても良いですが、同じものを大切に、長く使うことも素敵なことではないでしょうか。

木製のまな板を食洗機で洗う時の注意点

木製のまな板は、食洗機に対応していないのでは?と思いますよね。

最近では、食洗機対応の商品が多く販売されており、人気も高いようです。

木製のまな板は、プラスチックのもに比べて、手入れがめんどくさいと思われることが多いでしょう。

食洗機対応であれば、手軽に使うことができるので、嬉しいですよね。

対応可能なまな板の場合、曲がるなどの変形や、ひび割れなどの問題を起こすことはないでしょう。

しかし、対応していない木製のまな板を食洗機で洗うと、変形やひび割れの原因になります。

水分を含んだままで、乾燥させると、木が変形する可能性が出てくるからです。

食洗機を使用する前に、対応しているか確認をするといいですね。

プラスチック製のまな板の特徴

一般的に、よく見かけるのは、プラスチック製のまな板が多いのではないでしょうか。

なんといっても、手入れが簡単で、価格も手ごろなのが嬉しいですよね。

  • 漂白剤やアルコールを使えるので、気軽に手入れができる
  • 軽量
  • お手頃な価格のものが多い

プラスチック製のまな板を手で洗う方法

プラスチック製のまな板は、調理後、食器用洗剤で洗うことが基本になります。

しかし、プラスチック製のまな板は、包丁の刃で傷がつきやすです。

まな板の小さな傷に残った食材などから、雑菌が繁殖(はんしょく)し、カビや黒ずみの原因になります。

肉や魚を使用した後は、雑菌が付着しやすいので、食中毒の不安もありますよね。

そのため、プラスチック製のまな板も、定期的に除菌をして手入れをする必要があります。

基本の手入れ方法
  1. やわらかいスポンジに食器用洗剤を使い、しっかりと汚れを洗い流す(タワシだとまな板を傷つける可能性がある)
  2. 乾いたふきんで水分を拭き取り、しっかりと乾燥させる
除菌する方法
  1. 食器用洗剤で、洗い流す
  2. 漂白剤で除菌する(必ず手袋を着用しましょう)
  3. キッチンペーパーを敷き、ムラなく除菌する
  4. 裏面も同じように、漂白剤で除菌する
  5. 放置する(使用する漂白剤によって放置時間が違うので、要確認)
  6. キッチンペーパーを外して、水で洗い流す
  7. 食器用洗剤で、洗い流す
  8. しっかりと乾燥させる

特に、肉や魚に使用した後は、除菌をすることをおすすめします。

生肉や生魚のタンパク質は、熱湯をかけると固まるので、カットした直後には使用しない方が良いでしょう。

熱湯消毒をする場合は、食器用洗剤で汚れを洗い流してから、行うようにしてください。

また、料理をする前に、まな板を水で濡らし、水分を拭きとってから使うようにしましょう。

まな板に食材のにおいが、付きにくくなるようです。

プラスチック製のまな板を食洗機で洗う時の注意点

木製のまな板と同様、必ず、食洗機対応だということを確認します。

食洗機に対応していない、まな板は、手洗いをしましょう。

また、食洗機対応のまな板を購入する際は、サイズもチェックしてください。

いくら食洗機対応のまな板でも、ご自宅の食洗機に入らなければ、意味がありませんよね。

まな板を食洗機で洗うときの除菌効果

まな板は、肉や魚、野菜などの食材を直接置いて使うものなので、食中毒などの不安もありますよね。

キッチン用品の中でも、また板は、特に清潔に保ちたいのではないでしょうか。

ちょっとした汚れでも、雑菌が発生しやすいので、しっかりと手入れや除菌をすることが大切です。

まな板を手で洗う場合、熱湯やアルコール、漂白剤などで除菌をする必要があります。

家庭用のスポンジには、多くの細菌が付着していると言われているので、除菌は必須です。

そんなことを言われても、毎回、まな板を除菌するのは面倒ですよね…

実は、まな板を高温の食洗機で洗うことで、除菌効果が期待できます。

食洗機では、60℃~80℃の温度のお湯で洗うので、除菌効果があるようです。

ご自宅のまな板が食洗機対応であれば、早速、食洗機を使ってみましょう。

除菌効果がある食洗機は、手荒れや面倒な食器洗いも簡単にできるので、本当に便利ですよね。

ご自宅のまな板が食洗機に対応していなければ、この機会に新しく購入してみても良いでしょう。

最近は、食洗機対応のまな板の種類も増えているようです。

ここでは、私のおすすめの食洗機に対応したヒノキのまな板を紹介します。

手入れが大変だと思われがちな木のまな板ですが、こちらは乾きが速く、軽いのが特徴です。

食洗機から、ふわっと香るヒノキの匂いにも癒され、家事が楽しくなります。

まとめ

  • 食洗機対応のまな板であれば、素材に関係なく食洗機で洗うことができる(食洗機対応か要確認)
  • まな板を食洗機で洗うことで、除菌効果がある
  • まな板を洗う方法は、木製、プラスチック製で異なる(手入れ方法の注意点を理解しよう)
  • 最近は、木製、プラスチック製ともに、食洗機で洗うことができるまな板が増えている
  • 食中毒の可能性もあるので、定期的なまな板の除菌が必要である

まな板を食洗機で洗うことで、除菌効果もあり、簡単に手入れできることは嬉しいですよね。

最近では、木製やプラスチック製に関わらず、食洗機対応のものが増えています。

食洗機を使用することで、簡単にまな板の除菌を行うこともできますね。

今回の記事を参考に、食洗機対応の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました